青森県は城下町弘前に藩政時代からひっそりとたたずむ酒屋、酒蔵、松緑を生み出した【齋藤酒造店】

城下町弘前から「呑んで旨い、喜ばれる酒」を信条とし

当蔵は、桜と弘前城で有名な弘前市の城西に位置しております。創業は明治37年10月1日となっておりますが、それ以前は江戸末期の頃より、家伝の秘法による母を造って津軽一円の造家に販売していました。しかし時代の流れで醸造試験場が創設され、その指導で各造家で自製の母を造るようになったため、家業の母屋から酒造家に転じたものと伝え聞きます。

蔵の敷地内には、江戸時代に津軽藩二代目藩主信牧公が京都より連れてきた政治学者のひとり、野元道玄が造園したと云われる庭があり、樹齢300〜400年の老松が今でも18本残っています。名の『松緑』はこの松にちなんで命名されました。

の命とも言うべき仕込み水は、世界遺産に登録された白神山地系岩木山の湧き水を使用しています。この湧き水と津軽平野で育まれた良質米を原料にケーナの音色を仕込み蔵に響かせながら、厳寒期に技と心をこめ、「呑んで旨い、喜ばれる」を信条とし、昔ながらの手造りを守り続けているこだわりの蔵元です。


齋藤酒造会社概要

清酒 【松緑】 【六根】 【麗峰】 醸造元
会社名  株式会社  齋藤酒造店
所在地  〒036-8366 青森県弘前市駒越町58番地
TEL/FAX  TEL 0172-34-2233  FAX 0172-34-2234
URL  http://www.matsumidori.co.jp
E-mail  reihou@r20.7-dj.com
資本金  1000万円
代表取締役社長  土居真理(十八代目蔵元 齋藤仁左衛門)
創 業  明治37年10月1日